TATE hair design

FullSizeRender-4.jpg

KENJI

I×美容師

美容師を始めて、言われたことをただひたすらに練習して、先輩からは器用だと褒められ、そこまで練習しなくてもできる、人の半分練習すればできる
これが僕の口癖でした。

順調にスタイリストデビューして、すぐ売れっ子スタイリストになるだろう

そんな軽い気持ちでスタイリストになりました。

しかしスタイリストになって待っていたのは厳しい現実でした。技術が足りなくなかなかお客様に支持されませんでした。

お客様に喜んで頂くにはそんな簡単なことじゃない

技術がなければ誰にも満足していただけないと痛感しました

本物の技術とは?一流の仕事とは?

イギリスのVIDAL SASSOONで学び DDAで技術をたくさん学びたくさんの一流に触れてきました

そこから僕の美容師人生は変わってきました

少しでも綺麗なラインを作りたい、クオリティーの高いカットがしたい

自分はカットで生きていく そう決めました

自分の尊敬する美容師のカットを学びにいき、自分の技術を本物にしたい、一流の美容師になりたい

そう思いひたすらトレーニングをしました

それが今の僕のカットになりました

ひたすら綺麗に、お客様が自分で扱いやすくするためブラシを捨てました

ハンドブローで綺麗に仕上げるにはどうするか追求して、髪の毛の行きたい方向を考え、誰よりも綺麗に切れるように考えました

技術を追求していくうちに、だんだんお客様に支持して頂けるようになりました。

その後センスを磨くため、撮影に取り組み、クリエイションして美容師に没頭してきました

TATEに来て頂いたお客様全ての人にYesと言っていただきたい。

そんな思いで美容師をやっています

今の髪型に満足できない方

カットだけでしっかり形を作りたい方

くせ毛でなかなかスタイルがきまらない方

ショートにしたいけど怖いなって方

そんな方はぜひムラカミケンジに切らせて下さい

きっとお客様のYesを引き出してみせます









FullSizeRender-2.jpg

MAYU

I × 美容師

私が
美容師として
大切にしている事は、どれだけお客様を大切に思えるかという事です。

お客様の気持ちを理解して一緒に考える、 すぐには改善できない悩みも一緒に改善していける方法を考える事はできます。

私が、勉強や練習をしてスキルupをすると、
悩みを解決できるお客様が増え、喜んでいただけます。

自分の努力の成果も感じる事ができ、やりがいにつながりますが、
「人に喜んでもらえる仕事をできた!」という事が私は嬉しいです。

20代は本当に自分の事に時間を使ってきました。

時間もお金もかけて美容師としてのスキルを身につける事を頑張ってきました。

今、30代となりましたが、
30代の美容師にもまだまだ勉強も練習も必要だと考えています。


美容師の仕事は魅力的です。

もっと成長して上手くなりたい、もっと頑張りたいと思わせてくれます。自分のテンションを上げてくれる人や環境がたくさんあります。

そんな仕事につけた事が嬉しいです。




FullSizeRender-1.jpg

SAWORI


I×美容師


こんなオシャレな仕事があるんだ!
そう思ったのが美容師を目指すきっかけでした。

TATEに入社して5年。この5年間は、辛いこと苦しいこと、
乗り越えなければいけないことの連続でした。

逃げない。投げ出さない。できるようになるまでひたすら
練習の繰り返し。シャンプーばかりで手荒れに悩まされた時期もありました。

自分の嫌なところに目を向けないと私はうまくなれない。成長することができない。そう思いながら、お客様をきれいにするために、美容と向き合い、自分と向き合ってきました。

なにもできなかった自分。そんな私を1から育ててくれた2人。
応援してくれる友人や練習モデルさん、支えてくれる家族。
そして、お客様の「ありがとう。」や「頑張ってね。」の声があったから、感謝の気持ちを忘れずにここまで続けてこれました。

私の人生でこれだけは頑張ると決めたこと。
それが美容師です。

カットする時のドキドキ感。
シザーを入れた瞬間、響くシザーの音とワクワクする気持ち。
最後にお客様のニコニコスマイル

カットって楽しい。

そんな自分の心の声を大切にしつつ、お客様に満足していただけるヘアスタイルをつくっていけるよう、日々の努力と、経験を積み重ねていきます。

まだまだ駆け出しで未熟ですが、TATEの成長と共に、自分も成長していけたらと思っています。

 

 



FullSizeRender-3.jpg

NOZOMI

× 美容師


美容師を始めて7年目

美容師になりたいと思ったきっかけは中学生の時でした

美容室でやってもらった髪型がすごく気に入ってこんなに変われるなんてすごい!と感動しました

だんだん興味をもつようになり私もこの感動を人に提供したい!と思い美容師を目指すようになりました

美容師になってからは辛いことが重なり、辞めてしまおうかと考えた時期もありました

けれど美容師以外の仕事をしている自分が想像できなかったし、絶対に後悔すると思いました

そして一番のやりがいはお客様の喜ぶ顔と感謝の言葉でした

これがなかったら続けていけなかったと思います

私は改めて美容師という仕事が好きなんだと思いました

この仕事を選んだからには頑張っていきたいと思います

これからの美容師人生をTATEで生かしていきたいと思います